インプラント、親知らず

インプラント

虫歯や歯周病で歯を失ってしまったとき、歯がない場所をそのままにしておくと、歯が抜けた部分に周りの歯が倒れこみ、歯並び全体が乱れてしまうことがあります。
そのため欠損補綴(けっそんほてつ:歯がない部分を補う)を行うことが重要です。
当院では、失った歯を補うための治療法としてインプラント治療を行っています。

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にネジのようなチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を装着し、噛む機能を取り戻す治療のこと。この人工歯根の表面は骨と結合するように生体親和性が高くデザインされているので、顎の骨にしっかり固定されます。
入れ歯などと比べると、自分の歯のように自然な噛み心地で、固いものでもしっかり噛めるようになります。
またセラミックの人工の歯を取り付け、見た目も周りの歯と見分けがつかないほど自然に仕上がります。

以下にメリット、デメリットを挙げます。

インプラントのメリット

  • 自分の歯のような自然な噛み心地が得られ、おいしく食事ができる
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 見た目が自然で美しい
  • 周囲の健康な歯を削ったりせず、負担をかけない(ブリッジは隣の歯を削ります)
  • 入れ歯に比べて顎の骨が痩せにくい
  • 口元を気にせず自然に話すことができる

インプラントのデメリット

  • 手術が必要
  • 保険適用外なので費用が高くなる
  • 治療期間が長くなることがある
  • 適用できないケースがある

これらのことを考慮すると以下のような方にオススメです。

健康な歯を削りたくない方

部分入れ歯やブリッジの治療では、周りの健康な歯を削る必要があります。しかし、インプラントなら周りの歯を削ったり負担をかけたりしません。

一番奥の歯を失った方

ブリッジは両隣の歯に被せ物を入れて固定するので、一番奥の歯ではブリッジを適応することができません。しかし、インプラントなら可能です。

入れ歯の取り外しや清掃が面倒な方

入れ歯はご自身で取り外しして清掃しなければいけません。しかし、インプラントは骨に固定されているので取り外す必要はなく、歯と同様にブラッシングでケアできます。

入れ歯が合わない方、違和感が強い方、発音しにくい方

入れ歯は使用していても、少しずつ骨や歯肉が痩せているので合わなくなってきます。その都度修理などをする必要があったり、完全に合わなくなってしまう場合もあります。
インプラントは固定されているので、形が合わなくなることはありません。
入れ歯は口の中に異物を入れている感覚があり発音に影響が出ることがありますが、インプラントは骨に直接埋め込むため発音に影響が出ません。

固い食べ物が咬めない方

入れ歯の場合、咬む強さは天然歯の30%以下ですが、インプラントは70%以上の強さが得られるため、固い食べ物でもしっかり咬めます。

インプラントは、すべての患者さんに適用できる治療方法ではありませんがとても画期的な治療法です。
インプラント治療を成功、長持ちさせるには、口腔内の衛生状態が良い状態である必要があります。はみがきが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨が溶けてやせてしまい、グラグラ動いてしまいます。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりとブラッシングし、必ず定期検診を受けてチェックと指導、メンテナンスをしてもらわなければなりません。
しっかりと管理できていれば、半永久的にお口の中で機能します。
複数の病院で8年間にわたって追跡調査をした報告では95%以上が問題なく機能していた、という報告もあります。

親知らず

「歯の一番奥が痛い」
親知らずに何かトラブルが起きているのかも知れません。
「親知らずって抜くべきか?抜かないべきか?がそもそも分からない」
そんな風に思われている方も多いのです。

餅は餅屋、歯のことは歯医者。
親知らずのことは、どうぞ気兼ねなくご相談ください。

親知らずの治療ステップ

ステップ1 親知らずの状態を確認する

親知らずの状態をレントゲン撮影・検査して、わかりやすくお話いたします。
分からないこと、疑問に思うことがありましたら、遠慮なくご質問くださいませ。
※お痛みがある場合は、まずその痛みを取り除く処置をします。具体的には、洗浄・消毒・抗生剤を処方します。

ステップ2 抜歯

腫れや炎症を抑えてから、抜歯をします。
痛みますので、痛みの少ない無痛麻酔をします。
かかる時間は、通常30分程度ですが、埋まっている親知らずの場合は1時間くらいかかることもあります。

ステップ3 抜歯後の消毒と確認

抜歯後1日目~1週間後に、消毒と抜いた部分の治り具合の確認をします。
また、1ヵ月後にも再確認します。

ステップ4 抜糸

縫合をした方は、約1週間~10日後に抜糸をします。

親知らずのQ&A

Q.親知らずは抜いたほうがいい?

A.人により状況は違います。

抜かなくていいケース
  • 痛みがない
  • まっすぐ生えている
  • 歯茎に被っていない
  • 噛み合っている
抜いたほうがいいケース
  • 噛み合う歯がない
  • 歯並びに影響が出ている
  • 食べ物が挟まりやすく、親知らずの前の歯が虫歯になりやすい

Q.親知らずを抜くタイミングは?

A.腫れる事がありますので、時間的・精神的に余裕のあるとき、重要な予定がしばらくない時をお勧めします。

Q.完全に埋まっている親知らずは抜いたほうがいいのですか?

A.下記の場合そのままでいいです。

  • 腫れや痛みがない
  • 将来正常に生えてくる可能性が高い
  • 親知らずの歯が骨や歯肉の中に潜り込んでいる

埋まっていても、前の歯を押して痛みを感じる場合は、歯ぐきを切開して埋まっている歯をいくつかに分割して抜歯します。

Q.抜歯後、出血は続くのですか?痛みや腫れも心配です。

A.しばらく出血するケースもあるので、飲酒や激しい運動、長時間入浴などはお控えください。
腫れは、体の刺激に対する正常な反応ですので、抜歯後2日位で収まります。
痛みは、1~3日間ほど続くこともありますが個人差があります。
痛み止めの処方も致しますので、どうぞご安心ください。