入れ歯・義歯、訪問歯科

入れ歯・義歯

歯を失ってしまったときの治療(補綴治療:ほてつちりょう)として古くから今日まで、多くの方に選ばれているのが入れ歯です。

「入れ歯が痛いから入れたくない・・」
「入れ歯がすぐ外れる」

とはいえ、入れ歯を作ってもらった歯医者さんにケチをつけるようで相談もできないので、そのまま我慢して使っている方もいます。
合わない入れ歯を使うデメリットは痛いだけなのです。
キチンと噛めていない食べ物が胃腸に届けば、消化吸収の負担になります。
さらには、入れ歯の周囲の歯と歯ぐきにも負担が掛かり、他の困りごとを誘発する原因にもなります。

「入れ歯って周囲からバレないようにしたい」
入れ歯の機能だけではなく、見た目だって大事です。

「歯が抜けてしまったけど、このあとどうしたらいいのだろう・・・」
歯が抜けてしまった、抜歯した場合も、入れ歯を作ります。
いろいろなタイプの入れ歯があるので、機能や見た目、予算などと相談することが山盛りです。(歯を失った場合は、他にもインプラントやブリッジでの治療もできます)

無くなってしまった歯を「入れ歯」などで補うことで、認知症予防などの観点からもとても大事なことです。

外科的な処置が必要なく、様々な症例に対応できる入れ歯ですが、お悩みを抱えている方は少なくありません。
快適で、審美性が高い入れ歯も多く作られています。入れ歯についてお悩みがある方は、どうぞ当院までご相談ください。

1本くらい歯が抜けても別に困らないんだけれど

・・と思われる気持ちもわかります。
でも、「そのままでいい」ということは残念ながら申し上げられないのです。
なぜなら、このような理由があるからです。

抜けてしまった歯をそのまま放置すると

  1. 対合歯(たいごうし:下の奥歯が抜けたとしたら、そのすぐ上の奥歯のことを指します)が伸びくる
  2. 隣の歯が倒れてくる
  3. 汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因となる
  4. 他の歯の負担が増える(噛める歯が減ったから)
  5. 噛み合わせのバランスが悪くなり、顎関節症や肩こりやアゴの痛みなどの症状が出ることがある

入れ歯(義歯:ぎし)とは?

歯が抜けた部分に取り外しできるもので、抜けた歯の機能を補うものが入れ歯です。
歯科用語では、義歯と呼ばれます。
入れ歯には2種類あります。

部分入れ歯

一本抜けた歯のところにも対応のできる入れ歯です。

総入れ歯

全ての歯がなくなった場合に用いる入れ歯です。

保険適応の入れ歯もありますし、自費の入れ歯もあります。
素材や形状も多種多様で、ホームページを見ても一体何にしたらいいのかわからなくて途方にくれてしまうかもしれません。

そこは、お口のプロ、歯科医師にお任せください。
当院は幸い高い技術を持つ歯科技巧士との連携ができており、歯科医師と二人三脚でタッグを組み、多くの患者様に喜ばれる入れ歯の制作・調整させていただいております。
「いくらかかるのか心配・・」
ご予算も生活習慣も包括的にご希望を伺い、その人にあった最適な方法をご提案いたしますのでご安心ください。
まずは、心配事を解決するために一度ご相談くださいませ。

噛むことのトリビア

噛むことは、口の中だけの問題ではないのです。
全身の健康に影響を与えます。
入れ歯であっても「合う入れ歯」でしっかり噛むことができるのです。
快適な入れ歯ライフのお手伝いができれば幸いです。

出典:8020推進財団ホームページ

訪問歯科

当院では、歯科診療所に通院が難しくなってしまった方を対象に、主に口腔内のケア、入れ歯(義歯)の調整等の在宅ケアを行っております。
定期的な在宅ケアにより虫歯や歯槽膿漏(歯周病)の予防、入れ歯(義歯)の調整を目的としています。

在宅ケア、サポートの重要性

通院できない患者さんこそお口の中のサポートが重要、と考え訪問歯科診療を始めました。
近年、社会的にも在宅ケア・サポートの重要性が再認知されています。
特に高齢になってくると、歯槽膿漏(歯周病)のメンテナンスであったり入れ歯(義歯)の不具合などにより歯科治療の必要性が増してきます。
それと同時に、体が不自由になってしまって通院することが難しくなってくる方も多いです。
また、日々の歯磨き(ブラッシング)も手が上手く使えなかったり見えにくくなってしまって、不十分になりがちです。

そういった状態でいると、口の中のばい菌(細菌)が増殖して不衛生で、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)になるばかりでなく、風邪を引きやすくなったり誤嚥性肺炎を起こしてしまうこともあります。
また、ばい菌(細菌)が歯ぐき(歯肉)から血液中に入って全身にいきわたってしまって、そこから心筋梗塞や脳梗塞などの一因となることもここ最近は有名になってきており、重要視されています。

誤嚥性肺炎とは、口の中の唾液やばい菌(細菌)が誤って気道に入り込むことで起きる肺炎です。
食前、食後の口腔ケアと食事中の誤嚥防止が大切です。
特に要介護高齢者において口の中の衛生状態を良い状態に保つことにより、誤嚥による肺炎を予防することが報告され、介護予防という観点からも注目されています。

実際に口腔ケアを実施した人たちと口腔ケアを実施しなかった人たちを比べると、誤嚥性肺炎の発生率はおよそ40%減少させる効果があったという報告もあります。
肺炎予防としての口腔ケアにより、お口の中と喉(咽頭)の細菌数が減少し、
機能的口腔ケアによって、舌や唇などの機能が改善し、飲み込むまでの時間(嚥下するまでの時間)が短縮し、誤嚥の予防につながります。
また食べる量が増え、栄養状態の改善が図れ、免疫機能の向上につながるので肺炎そのものに対しての抵抗性も上がります。

以上のように体の弱った方に、お口の中の病気だけでなく全身の病気の予防に繋がる在宅ケアはとても重要な役割を果たしているのです。

8020推進財団より

在宅ケアにより生活の質(QOL、クオリティオブライフ)を上げる

ケアにより自分の歯を健康に保ち、歯を失っていても入れ歯(義歯)を装着することで、失った楽しみを取り戻せることが多くあります。
会話がしっかりとできるようになり、食べ物を噛んだり飲み込んだりすることができると、毎日が楽しくなり生活の質が向上します。
また食事がしっかり取れるので、体力や免疫力がつき健康的に過ごすことができます。
会話や食事がはかどると、脳への血流が増え脳の働きが活発になり、認知症予防にも繋がります。

美味しく食事をする
家族や友人と会話を楽しむ
笑顔になれる

当たり前のことですが、こういったことが全身の健康に繋がると考えています。
逆にこのようなことができなくなってしまうと、生活の質は下がり日々の楽しさがなくなってしまいます。

体の機能が低下してくると、お口の中の機能も低下してくること多いですから
通院が難しい状況の方にこそ、上記のようなことを諦めずに、サポートしていきたいと考えております。

口腔ケアの種類

口腔ケアには以下の種類があります。
器質的口腔ケア→お口の中の汚れを取り除くケア
機能的口腔ケア→お口の中の機能の維持・回復を目的としたケア

この2つを意識して口腔ケアを行うことによって、口腔ケアの効果がさらに高まります。
当院では、より効果的なケアのために上記のケアを行っております。

 お口の中の機能の低下は、先に述べたように誤嚥性肺炎の原因になってしまいます。
この機能の低下は、高齢に伴うお口周囲の筋肉の弱まりや、噛み合わせがあっていない入れ歯が原因と考えられていますので
通院の難しくなった方の中に多くいると言われています。
そして食べ物や飲み物が飲み込みにくくなる摂食・嚥下障害という状態になる方もいます。

入れ歯の調整や、機能的な口腔ケアにより機能の維持・回復を図ることもできます。
お口の中の細菌を物理的に少なくすることももちろんですが、機能面からのケアも欠かせないのです。

口腔ケアの効果をまとめると

むし歯、歯槽膿漏(歯周病)の予防
口臭の予防
味覚機能の改善
唾液の分泌促進
誤嚥性肺炎の予防
発音の改善
会話が増える
口腔機能の維持・回復に繋がる

といったことが挙げられます。

昨今、口腔ケアの重要性が浸透してきているものの、介護が必要になった方(要介護者)の中には口腔ケアがまだ十分には行き届いていない方が多いのが現状です。
介護職や看護職によるケアと歯科でのケアが大切と言えます。

入れ歯(義歯)の調整

痛みがなくても、きちんと調整がされて噛み合わせなどもぴったりな入れ歯を入れておく必要があります。
それには定期的な調整が必要になります。
しかし通院が難しくなると、入れ歯をいれても痛くないから大丈夫と思ってしまいがちな方もいます。
訪問診療にて入れ歯を調整する重要性は高いといえます。

・入れ歯をいれることにより口の機能を維持でき、様々な効果がもたらされます。

歯を失ったとしても、入れ歯をいれることにより、口の機能を維持できます。

入れ歯を装着する目的・効果には、

  • しっかりと食べ物を噛めるようになり楽しく食事ができる
  • 発声を明瞭にする
  • 顔貌を整える
  • 飲み込む(嚥下)機能の維持ができ、誤嚥性肺炎の予防になる
  • 噛み合わせの安定により体の平衡感覚が安定し、歩行が安定することに繋がります。それが転倒予防になります。

調整されて機能が維持された入れ歯を装着することは、健康的な食生活を送るこ とに繋がり、免疫力が向上するだけでなく生活の質(クオリティオブライフ、QOL)の向上にも繋がります。

毎日の手入れと定期的に歯科医師に診てもらうことが大切です。
噛み合わせの悪い入れ歯を長期間使用していると、不自然な噛み方になり、顎の位置や顎関節の位置が変化することがあります。
入れ歯と歯ぐきの間に隙間がある場合には、ぴったりと調整したり新しく入れ歯を作り直す必要があります。
常に自分のお口に合った入れ歯を装着するようにしましょう。

まとめ

お口の中の状態を手放しにするのではなく、無理のないできる範囲からでも良いのでお口の中のケアを継続していきましょう。

食事が食べられなくて困っているが歯医者に通うのが難しくなっている。
食べられなくなった原因は、入れ歯が壊れてしまったり歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が痛いなどさまざまです。

当院では、通院困難な方の訴えをくみとって、むし歯や歯周病などの予防や治療や入れ歯の作製・修理、口腔ケアなどに対応しています。
また、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、お口の中の機能のリハビリテーションも行います。治療の方法は利用者の体力に合わせて無理のないように進めていきます。

訪問診療(在宅ケア)を利用して約2週間に1回定期的にケアをすることを勧めています。
少しでも衛生的で綺麗な状態に近づけ、口の中を健康で美味しく食事ができるようにサポートして参ります。
また入れ歯(義歯)の調整も当院では得意としています。

足が不自由になり歯医者に通院するのが大変になってきた方や、ご家族、親戚の方でお困りの人がいましたらお気軽にご相談下さい。