ESTHETIC 審美治療

審美治療とは

歯が機能することはもちろんのこと、見た目の美しさ、審美性に重点をおいた治療です。
銀歯を白くしたい、被せ物の色や形が気になる、などといった希望や悩みに対応いたします。
特に近年は、メタルフリー治療という金属アレルギーのリスクを回避するために金属を使わない治療が浸透してきています。

当院の審美治療の特長

Point.01専門の歯科技工所と連携
当院では、セラミック素材を用いた治療では専門の歯科技工士(主に被せ物などを製作)に依頼します。
歯の色や形態に関して、患者さんと歯科医師、専門の歯科技工士で綿密に納得いくところまで追求していき、高度で精密なセラミック治療を提供していきます。
Point.02メタルフリー歯科治療
銀歯として用いられるアマルガムや金銀パラジウムは、長期間の使用で唾液と反応して成分が溶け出します。歯茎に沈着して黒ずんだり、体内に吸収されて蓄積したりすると、将来の歯科金属アレルギーの発症リスクが高まります。
銀歯とは異なり、セラミックやジルコニアなど、金属を一切含まない素材を用いるのが「メタルフリー治療」です。天然歯に近い見た目や機能性を持ち、金属アレルギーをお持ちの患者様も安心してご利用いただけます。

詰め物

虫歯等で歯を削った場所は、詰め物や被せ物で歯の機能を補います。

直接お口の中で樹脂の材料(レジン)を埋めて固める場合や、型をとって銀歯やセラミックで埋める治療があります。特に型をとった場合の物を、歯科用語でインレーと呼びます。

このインレーは様々な種類があり、金属のみ、プラスチック、セラミック(陶器)、プラスチックとセラミックのハイブリッドと多種多様です。
見た目も、特性も、値段もそれぞれ違います。
患者さんのご予算やご要望を伺い、最適なご提案をいたしますので、遠慮なくお話してくださいませ。
  • 保険治療

    金属のインレーや樹脂で直接埋める方法が一般的です。

    使用する素材

    • 金銀パラジウム合金
      いわゆる銀歯です。
    • コンポジットレジン
      光で固まる樹脂材料です。経年的に変色しやすく見た目もセラミック等に劣ります。また、保険治療のものは自費治療に比べると歯との間の隙間から虫歯になってしまう可能性が高く治療をやり替えることがあります。
  • 自費治療

    より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いセラミック等を使用して埋める方法があります。

    使用する素材

    • セラミックインレー
      金属を使用しないため金属アレルギーの方でも安心して入れることができます。また経年的に変色をしないため、綺麗な見た目を維持することができます。精度も高く、保険のものよりも隙間から虫歯になりにくいです。

被せ物

削った歯全体に被せるものです。
歯科用語でクラウンと呼ばれます。
保険適用の銀歯から、自費の白い被せ物(セラミック、ジルコニア、e-maxt等)まで様々な種類があります。
  • 保険治療

    使用する素材

    • レジン前装金属冠(※前歯のみ) 銀歯に樹脂材料を塗装したもの。
    • フルメタルクラウン いわゆる銀歯。
    • CADCAM冠(※治療できる歯が限られています)樹脂材料とセラミックのハイブリッド。
  • 自費治療

    使用する素材

    • メタルボンドクラウン
    • ジルコニアクラウン
    • ジルコボンド
    • e.max

メタルボンドクラウン

これは金属のフレームを裏打ちとして、セラミックを焼き付けていったものです。
表面として表に見えるところはセラミックを使用していて、それ以外が金属、といった具合です。
セラミック部分はグラデーションをつけることができ、隣の歯の色調に近づけることができます。
また汚れが付着しにくく衛生的で、経年的な着色の心配は少ないです。
金属を使用しているので透明感はセラミックのみのものに劣ります。
また、金属イオンが溶け出すことによって歯肉が黒ずんでくることがあったり、歯肉が下がると金属部分が見えることもあります。

ジルコニア、ジルコボンド

ジルコニアという素材は、ジルコニウムという金属の酸化物で白色の個体です。金属を使わず、軽くて丈夫で安全な材料としてこの10年ほどで歯科業界の中でも躍進した材料です。
ジルコニア単体では白く綺麗なのですが、隣の歯に色を似せたりグラデーションさせてより自然な見え方にするためにセラミックをジルコニアの上に塗装していきます。これがジルコボンドというものです。

メタルボンドクラウンは金属がフレームとして裏打ちされていたのに対して、ジルコニアが裏打ちされているものをジルコボンドと言います。よって金属アレルギーの方にも使用できます。

また装着する際には、歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分から虫歯になりにくい利点が挙げられます。
表面も樹脂の材料よりも汚れが付きにくく、虫歯になりにくいだけでなく時間が経っても変色しにくいことが樹脂材料と比較して大きな違いとなります。

e.max

こちらは商品名ですが、二ケイ酸リチウムガラスセラミックというガラスを主成分としたセラミックをプレスして作製するものです。もちろん、金属アレルギーの心配はいりません。
また透明感があり、天然の歯のような自然な見た目にすることができるのが特徴です。
ジルコニアより強度は劣りますが、程よい強度のため噛み合わせる歯を傷めたりすることが少ないです。
ジルコニアと共通して、装着する際には歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分から虫歯になりにくい利点が挙げられます。
表面も樹脂の材料よりも汚れが付きにくく、虫歯になりにくいだけでなく時間が経っても変色しにくいことが樹脂材料と比較して大きな違いとなります。

e.maxとジルコボンドとの比較

ジルコボンドで作るクラウンの短所は、ジルコニアの裏打ちに盛られた外側のセラミックの強度がe.maxの表面の強度より劣る点です。
e.maxはジルコニアやメタルボンドクラウンと違い1種類の材料のブロックから作られるのが最大の特徴です。2種類の材料から作られるものより表面強度があるため、かけてしまうといったことが少ないです。
ジルコニアと比較しe.maxは高い透明感はありますが、良くも悪くも元の歯の色をひろってしまうといったことも挙げられます。

セラミック治療の注意点

強い衝撃で破折・破損してしまうことがあります。
奥歯のように噛む力が特に強い歯には使用が難しい素材です。
セラミックは健康保険の適用外の自費診療です。

ホワイトニング

芸能人は歯が命といわれていたように、歯が白いことは健康的な印象を持ちます。

歯がだんだん黄ばんできた。人前に出ることが多い。笑顔に自信を持ちたい。
そんな方には、歯のホワイトニングが効果的です。
歯を白くすることで思いっきり歯を見せて笑えますし、お話も気兼ねなくできます。
使用する薬剤も厚生労働省の認可したものなので、安心です。
ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自身で行うホームホワイトニングがあります。
  • オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングです。施術は主に歯科医師が担当するため、色ムラが少ない仕上がりが期待できます。ホワイトニング剤は高濃度のタイプを使用しており、1回の施術でもホワイトニング効果を得やすくなります。より早さをお求めの場合は、オフィスホワイトニングのご利用がおすすめです。施術前には虫歯や歯周病検査、歯石除去も可能です。お口の健康を維持しながら、ご自身の歯を自然な白さにできます。

  • ホームホワイトニング

    ホームホワイトニングとは、患者様ご自身で行っていただくホワイトニングです。歯型に合わせた専用のトレー(マウスピース)を作製し、薬剤を中に注入した状態で装着していただきます。毎日継続して一定の時間で装着すると、薬剤の有効成分が歯の内側まで浸透し、着色成分を分解してくれます。オフィスホワイトニングに比べると、ホワイトニング効果を得るのに時間がかかりますが、歯の白さが持続しやすいことが特徴です。ご自宅や職場など、ご自身の好きな場所で気軽に取り組んでいただけます。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは歯を永久的に白くするものではなく、後戻りの可能性があります。
ホワイトニングの前に、なるべく先に虫歯・歯周病の治療を行うことをおすすめします。
ホワイトニングは健康保険の適用外の自費診療です。

まずはご相談へお越しください。

審美治療は、治療方法も、治療に使用する素材も豊富です。
種類が多くてよくわからない、自分に合う治療法を教えて欲しい、費用面で不安があるなど、様々なお悩みに丁寧に回答いたします。まずはご相談ください。

料金表
ページトップへ