根管治療、外科的歯内療法
再植、移植

歯の根の治療(根管治療)

虫歯が進むと、歯の神経にまで達することがあります。
その場合、歯の根(神経)の治療が必要になります。
この歯の根の治療のことを根管治療(こんかんちりょう)と言います。これは、死んでしまった神経や血管を取り除いて根の中をキレイに消毒・洗浄し、薬剤を詰めて密封する治療のことです。
とても繊細な治療ですが、その後の歯の寿命の長さを左右するとても大事な治療です。
根の中は歯の種類によっては形も複雑で、手探りの作業になるため時間を掛けて歯の根の治療を行わないと、根の先まで完全にきれいに出来ません。そのため根の治療は複数回来院が必要になります。

当院では、患者様から症状をよく聞き、レントゲンを解析して、拡大鏡やNiTiファイルを用いて丁寧な根管治療を実施しております。

重度の虫歯や、根の病変、痛み、違和感でお悩みの場合は、一度当院にご相談ください。

自分の歯に勝る歯は、この世に存在しません。
治療に時間がかかるので大変な治療ですが、ご自身の大事な歯を温存するために併走いたしますので、一緒にがんばりましょう。

外科的歯内療法(歯根端切除術)

歯の根の先の病巣を歯の中からではなく外側から取り除く治療法です。
通常は、根の中からアプローチして感染源を除去するのが第一選択となります。しかし根の外に感染が進んでいたり、膿が大きくたまっていると、通常の根の治療では治らない場合があり外科的歯内療法の適応となります。
歯肉を切開し根の先の周囲の骨を削り、外側から膿を取り出し根の先を3mmほど除去する処置で、歯根端切除術といいます。

外科的歯内療法が適している症例

  • 歯の根の治療では完治しなかった場合
  • 歯の土台の金属が太く長いため、取り除くのが困難な場合、または取り除くと歯に負担がかかる場合
  • セラミックなど高価な被せ物が被っており、壊さずに治療を行いたい場合
  • 側枝(根の中がいくつも分岐している部分)に感染がある場合
  • 根の先に膿がたまり期間がたち、上皮に覆われ歯根嚢胞(しこんのうほう)という状態になっている場合

再植術

正確には意図的再植術と言われ、通常の根の治療を行っても治らない場合に、最終手段として一度歯を抜いて、細菌感染した部分を取り除いてから、もう一度元の場所に戻す治療法です。また根が割れている場合も一度抜いてから、接着し元の場所に戻すこともできます。
しかしこれがダメですと歯を抜くことしかないので、本当に最後の手段です。
下の奥歯など骨が厚く、歯根端切除術ができない場合に適応されることあります。

根が曲がっていたりして、歯を抜く時に根が折れてしまう危険がある場合には出来ない場合もあります。
また状況によっては治療をしても成功率が高くない場合もあります。
最後の手段としての治療法なので、行う場合は患者様もよく歯の状況を理解している必要があります。

歯の根が割れている症例。青い線の部分が割れている部分。一度抜いてから、お口の外で接着し元に戻します。

移植術

歯を抜くことになった際に、使っていない親知らずを利用して自分の歯を抜いたところに移植する方法を自家歯牙移植といいます。
自分の歯を使うため、最大のメリットは、根や骨を誘導する歯根膜細胞というものも同時に移植できることで、噛み心地が正しく脳に伝達されるため通常の歯の感覚を保つことが可能となり、移植した歯は、他の歯と同じように機能させることができます。

この歯根膜は、噛む力をささえるためのクッションになりますが、インプラントには歯根膜が存在しませんので、咬合力がダイレクトに骨に伝わります。
また、人工材料を使う訳ではない為、アレルギーなど生体への悪影響の心配がありません。この点がインプラントとの決定的な相違です。

ただし、条件によっては治療できない場合もあります。また長期的には、移植歯は通常神経が死んでしまいますので、根が割れやすくなったり、骨と癒着して経年的に歯の根の吸収をおこす事があります。よって、インプラントの方が予後は長いと言われることもあります。