スタッフブログ

     
2020/05/12

[歯の治療に関すること]

適合の良い被せ物をいれるための歯肉圧排処置

歯肉圧排という処置があります。

これは歯肉に圧をかけて広げる処置で、綺麗に被せ物や詰め物を合わせるときに行います。

被せ物の場合は、歯の形を整える時と型どりの際にこの処置を行うことによって、歯肉近くの被せ物の適合がよくなります。ケースによっては行わなくても問題ないものもありますが、歯肉近くや、歯肉の少し下まで被せ物をいれる場合はこの処置をするととても綺麗にセットできます。

逆にこの処置を行わないと、適合がよくない被せ物が入ってしまう可能性があり、その後に虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいます。

特にしっかりと歯肉を抑え込んで、型どりをする際には二重圧排法というのを取り入れています。

当院ではこのように適合の良い被せ物をいれるために、このようなテクニックを惜しまずに行っています。

綺麗な被せ物、特にセラミックを入れたい場合はぜひご相談ください。

横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田