スタッフブログ

     
2020/05/11

[歯の治療に関すること]

仮の歯(仮歯)

仮の歯というと実際に装着したことがなくても、どこかで耳にしたことがある方が多いと思います。

通常、被せ物を入れるまでの仮の歯のことを指しますが、仮のセメントで埋めた状態のこともこのように表現することもあります。

実はこの仮の歯、ただの仮のものでしょ?と思うかもしれませんがとても大切な役割を果たしています。

上手く調整した仮の歯では、単純に見た目と機能を回復するだけでなく、歯肉の状態をコントロールしたり、噛み合わせのずれをコントロールできたりします。

良い歯肉にするため、噛み合わせを修正するために形態修正を繰り返すことがあります。

専門用語では、TECやプロビジョナルレストレーションと言います。

できるだけ歯の形態を再現します。

この際に歯肉近くの形態が非常に重要となります。

この部分をエマージェンスプロファイル形態と言い、歯肉の状態によって形態をわざとへこませたり、膨らませたりストレートにしたりします。

それによって歯肉を育てたりわざと抑え込んだりすることが可能です。

このようにわずか数mmの範囲の部分の形態次第で被せ物を入れた際に歯肉の見え方が変わったりしますので、仮の歯の細かな形態修正はとても大切なのです。

仮歯なんだから、そんなに何回も修正しないですぐ型をとって被せ物をいれちゃえばいいと思う方もいるかもしれませんが、状況によって仮の歯での調整期間が必要なことがあることを覚えておいて下さい。

横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田