スタッフブログ

     
2020/03/09

[日々の徒然なるままに]

朝の習慣と歯みがき

朝が苦手な方は多いと思います。
しっかりと目覚めて快適な1日を過ごすためには工夫が必要です。
まず1番大切なこととして、朝起きたら陽を浴びましょう。
太陽光には、日中に分泌されるべきホルモンや、体内時計を調節する神経伝達物質の生成を促す力があります。
また口の中が乾燥していますので水を飲むといいです。
夜に失った水分を補うだけでなく、注意力が高まると言われています。できれば室温のものがいいです。
また朝食をしっかりと摂りましょう。ただ、糖分が多い物は避けたほうがいいです。
 
これらと共に朝の習慣にしたいのが、起床後の歯磨きです。
朝起きたら陽を浴びて、しっかりと歯を磨きましょう。
細菌は夜寝ている間繁殖しやすく、口の中が乾燥しますので唾液による抗菌作用が落ちています。
起きてすぐは1日の中で最も細菌が繁殖している状態です。
朝の起きた時に気になる口臭やネバつきは、細菌によるものです。
よって、起きてすぐ歯磨きせずにそのまま飲んだり食べたりすると寝ている間に繁殖した細菌を、そのまま体内に入れてしまうことになってしまいます。
歯磨きの役割は、虫歯を避けることだけではなく、身体への入口であるお口を守る役割もあるのです。
朝の歯磨きは、起床後はいいのです。
 
さらに、起きてすぐの歯磨きには、目覚めにも良い影響があると言われています。
歯磨きで口の中がさっぱりリフレッシュできるだけではなく、歯茎が刺激されることで脳が目覚め、快適な1日の始まりを作ることができます。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田