スタッフブログ

     
2019/12/05

[日々の徒然なるままに]

三叉神経痛

三叉神経痛について解説したいと思います。
口の周囲や顎に激しい痛みが走ることが特徴的な疾患です。
そのため歯の痛みと勘違いする方もいますが、原因は歯ではないのです。(歯科医院を受診する方もいらっしゃいます)
 
女性に多い疾患で、50~60歳に多く見られます。
トリガーゾーンという部分で症状がでます。
これは三叉神経が顔面の感覚を司っているためです。
字のごとく、脳から三つまたに分かれた神経は眼と上あご、下あごに収束します。
その3つのスポットで激しい痛みがでるのです。
トリガー因子として、洗顔、歯磨き、ひげそり、食事や会話があります。
 
非常に鋭い耐えがたい痛みが一過性に起こります。電撃様疼痛とも言われるほどです。
発作性で、反復性、短時間の痛みという特徴もあります。
特に季節の変わり目に悪化すると言われています。
 
原因は三叉神経が血管や腫瘍によって圧迫されるためと言われています。
そのため頭部CTやMRIを撮影して画像診断をすることも検討されます。
 
治療法としては内服薬、神経ブロック、手術、ガンマナイフ療法が適応です。
内服薬としては抗てんかん薬のカルバマゼピンが第一選択薬です。
特に激しい痛みが特徴なので、日常生活に支障をきたすケースもあります。
放置はせずに病院にかかりましょう。
歯科医院にいらした方で疑われるケースは、専門機関をご紹介します。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田