スタッフブログ

     
2019/11/27

[歯の治療に関すること]

75歳以上の医療費が2割負担へ最終調整

75歳以上の後期高齢者の医療機関での窓口負担について、以前より現行の原則1割を2割に引き上げる方向での話が挙がっていたことは、お存知の方も多いと思います。
(現在の医療保険制度では、70~74歳の窓口負担は現役世代並みの所得者を除き、原則2割、75歳以上は1割となっています。)
政府によると、本日より令和4年度から制度を改める見通しとして最終調整に入ったとのことです。
低所得者には軽減措置を講じることを検討しているとのこと。
 
医療費は、医療の高度化や新薬、超高齢社会の影響で年々問題となっています。
少子高齢化の影響により、今後更に深刻化する可能性があります。
団塊の世代が75歳以上になり始めるのが令和4年のタイミング。この時には社会保障費が急増してしまいます。
一部では、このままでは日本の公的医療保険制度が崩壊してしまうのではないか、と言われているほどです。
そのため対策が急務になってきているのです。
 
12月中旬に取りまとめる中間報告に方向性を明記する見通しで最終調整に入っているようですから、続報があり次第また記事にしたいと思います。

横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田