スタッフブログ

     
2019/10/03

[日々の徒然なるままに]

ノーベル賞 7日から

こんにちは。
今日はノーベル賞についてです。毎年この時期に発表されるのが恒例となっています。
7日に生理学医学賞、8日に物理学賞、9日に化学賞が発表されます。
日本人が受賞するか注目が集まっておりますが、いないとなると14年ぶりのこととなるようです。
 
昨年は京都大学の本庶佑特別教授が生理学医学賞を受賞しました。
特に生理学医学賞は2年連続となる日本人受賞者の誕生に期待が高まっています。
昨年の免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用もとても画期的な治療としてインパクトがあったのを覚えています。
この免疫チェックポイント阻害剤は従来の癌治療である手術・化学療法・放射線治療に新たな一石を投じた形です。
従来切除不能であると有効な治療がほぼなかった症例や、従来の治療法で効果のない患者の一部に対して、ある程度の効果が得られることが分かったのです。
これまでの癌治療法に癌免疫療法という新たな選択肢を加えることに成功したのです。
今後の更なる臨床応用に期待したいところです。
 
今年も癌治療において日本人の受賞が期待できるようです。
今回のものは、がん組織のみに抗癌剤を作用させる薬物送達システムの基となるEPR効果の解明によって大変注目されているとのこと。
抗癌剤治療の更なる発展に寄与できているとのことで、良い評価を期待してたいところです。
 
ところで我が国の歯科医学会からもノーベル賞を受賞するような研究が出てくるような動きが盛んのようです。
研究が充実することは臨床にとってとても大切なことですので、歯科分野も今後期待したいところです。
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田