スタッフブログ

     
2019/08/20

[日々の徒然なるままに]

タピオカブーム むし歯

こんにちは。
最近、「タピる」「タピ活」なる新語が日常会話で飛び交うほどブームが続くタピオカドリンク。
タピオカ専門店が台湾から次々と参入し、若い女性を中心に空前のブームとなっています。
台湾通のあいだでは以前から知られていましたが、ここ最近の勢いはすごいものです。
 
このタピオカドリンクですがかなりの高カロリーであることを記事で読みました。
なんと、タピオカドリンク1杯で、ごはん大盛1杯分、シュークリーム2個分、塩ラーメンだと1杯、ビール中ジョッキ3杯分と同等とのことです。
驚きの結果ですが、タピオカドリンクはおやつ感覚で摂取するのでかなりのカロリーオーバーとなって太ってしまう方が出てきているとのこと。
また、以下に説明していきますが、むし歯のリスクも非常に高いです。
 
まずはタピオカについてみていきましょう。
タピオカはキャッサバというイモを原料としています。
食用にされたのはその地下茎部分で、そこから摂れるデンプンがタピオカとのことです。
南米やアフリカでは、主食としても食べられてきたとのことで、高カロリーであるということが理解できます。
日本ではスイーツ感覚として受け入れられているが、タピオカは元来主食とされていたものなのです。
栄養価は高いですが、高カロリー。
ココナッツを原料としたナタデココが低カロリーで消化のよい発酵食品であるのとは対照的です。
 
デンプンはグルコースが何千個もつながった多糖類です。そのため虫歯のリスクと大きく関わりがあります。
ここで注目されるのがデンプン単独よりも砂糖と同時に摂取することによって、むし歯リスクが数倍跳ね上がってしまうということです。
タピオカドリンクの代表であるタピオカミルクティーなどは、甘く作成しているものが多いので、むし歯のリスクはかなり高いと言えます。
 
また血糖値スパイクといって、急に大量の糖質を摂って血糖値が急上昇し、それを下げるためにインスリンが分泌されて、今度は血糖値が急降下して軽い低血糖状態になってしまう可能性もあるとのこと。
低血糖状態になると、吐き気やめまいを起こします。
特に、甘いドリンクはすぐ吸収されるので、血糖値を急上昇させます。
 
私も以前から飲んだことはありますが、確かに美味しいです。
ですが、上記にあげるような注意を理解した上で摂取した方がよいでしょう。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田