スタッフブログ

     
2019/08/17

[歯の治療に関すること]

歯の痛みを放置して痛みがなくなった状態は危険でかなり進行している可能性

こんにちは。
歯が痛い状態を放置してしまったことはありますか?
歯医者さんに行くのが怖くて我慢してしまう方が時々見受けられます。
通常、歯が痛む原因は虫歯か歯周病であることが多いです。
 
虫歯は進行具合で症状が変わってきます。
初期の痛みは冷水痛といって冷たいものがしみる状態です。
これは虫歯としてまだ軽度で、神経を取るまでには至らない場合が多いです。
この時期に治療をしておけば歯に対しても侵襲が少なく治療できます。
 
もう少し進行してしまうと温熱痛といって温かいもので痛みがでてきます。また夜間での痛みが目立つようになってきます。
この場合、虫歯が神経まで到達している可能性が高いため神経を取らなければ治らないケースが多いです。
この時期に痛みを我慢しているとそのうち痛みがひいてしまいます。
この状態になると、「痛みがなくなったので歯医者に行かなくていいや」という考えになる方が見受けられます。
これが実は大変危険なのです。
 
痛みがなくなった時は、神経が壊死してしまっているのです。
更にそのまま放っておくと感染が広がって膿ができます。歯や歯茎の中の内圧が高まり、最終的には激痛になり、膿によってパンパンに腫れてしまい強い炎症症状を起こします。
こうなってから初めて歯医者に行く方がいます。
この時期になるとかなりの痛みと強い炎症のため、痛みをとるのに時間がかかったりすることが多いです。
最悪入院しなければならないほどの炎症を抱えてしまうこともあるので、こうなる前に治療をしておかなければなりません。
 
歯周病に関しては、出血、腫れ、歯の揺れが目安になります。
歯ブラシが当たると血が出る程度なら、歯医者さんで歯石を除去してブラッシングすれば治る場合が多いです。
しかし、歯周病は痛みが出にくいので、出血が出る状態を放置してしまう方が多いです。
この状態を放置してしまうと、歯ぐきの炎症が骨まで波及して骨が溶けてきてしまいます。
こうなると歯の揺れがでてきます。
歯が揺れるということは、歯を支えている骨にまで炎症が広がって骨をすでに失っている可能性があり、進行の程度によっては歯を支えられなくなってしまい抜歯しないといけないケースもあります。
 
痛みがある状態や治療途中の状態を放置してしまうと、虫歯や歯周病が進行してしまい、結果的に大事な歯を失ってしまうのです。
そうなって初めて、後悔する方が時々いらっしゃいます。
痛みには必ず原因があるので、放置せずに必ず歯科医院でみてもらいましょう。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田