スタッフブログ

     
2019/07/03

[歯の治療に関すること]

糖尿病と歯周病

こんにちは。
以前、「糖尿病検査」の記事でも触れたように糖尿病とお口の中は大きな関わりがあります。
これは歯周病です。
今回は糖尿病と歯周病の関わりについて詳しくみていきましょう。
 
「糖尿病は生活習慣病である」とよく言われているのでご存知の方も多いと思います。
歯周病も生活習慣病と言われています。
生活習慣要因として食生活と喫煙が関与します。
糖尿病と喫煙は、「歯周病の2大危険因子」と言われ、歯周病の原因として糖尿病と喫煙は大変重要です。
逆に糖尿病になると発症してしまう合併症として腎症・網膜症・神経症が有名ですが、それらについで歯周病は糖尿病の合併症であるのです。
よって、歯周病になる原因として糖尿病があるとともに、糖尿病の合併症として歯周病がある、両者は密接な相互関係にあると言えます。
 
そのような関係であるので、歯周病をコントロールすることで、糖尿病のコントロール状態が改善すると言われています。
またその逆もしかり、糖尿病を治療することによって歯周病も改善しやすいと言われています。
 
それぞれについて詳しく見ていきましょう。
 
【歯周病が糖尿病に与える影響】
「歯周病があると、どうして血糖値が高くなるの?」と質問されることもあります。以下に解説していきます。
歯周病菌から出される内毒素という物質が歯ぐきから血管内に入り込み、TNF-αという物質が増加します。(TNF-αはマクロファージから産生されます)
そしてTNF-αの増加が血糖値を下げる働きをもつホルモンであるインスリンの働きが阻害され血糖値が下がりにくくなってしまいます。
これをインスリン抵抗性と言います。
つまり、歯周病の存在により血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にしてしまうということです。
糖尿病が治らないので更に歯周病も進行していくという悪循環に陥ります。
 
またインスリン抵抗性の状態になると、体はより多くのインスリンを産生しようとします。これを高インスリン血症と言います。
高インスリン血症が長く続くと、インスリンを産生する細胞である膵β細胞が疲労してしまい、末期の糖尿病となります。
 
 
【糖尿病が歯周病に与える影響】
糖尿病により、免疫力が落ちると聞いたことがある方も多いと思います。
実際には詳しい情報としては以下の事柄が挙げられます。
 
・体の免疫でもある好中球やマクロファージの機能が低下してしまい免疫力が落ちる。
・結合組織中のコラーゲンの代謝異常が起こり、組織の修復力が落ちる。つまり、歯ぐきの治りが悪くなる、傷が治りにくくなる。(創傷治癒の遅延)
・血管壁の変化や脆弱化が起き、細小血管障害が起こる。これによって血管の末梢が細くなり、栄養や免疫細胞が行き届きにくくなる。そして感染を長引かせたり、組織の修復を妨げたりします。
・口の中が乾燥し細菌が繁殖しやすくなる。(高血糖状態では、浸透圧の関係で尿がたくさん出て体の水分量が減少するため)
・唾液の糖分濃度が高くなり細菌が繁殖しやすくなる。
 
 
などが起こり、細菌に対する抵抗力や組織の修復力の低下してしまいます。
これによって歯周病が発症しやすい状態、悪化しやすい状態となってしまいます。
つまりまとめると、糖尿病があると歯周病細菌に感染しやすくなり、炎症により歯の周囲の組織が急激に破壊され、修復力のないまま歯周病が重症化してしまうというわけです。
糖尿病だと歯周病に2倍以上かかりやすくなると言われています。(正常者の約2.6倍)
「血糖のコントロールが悪いと歯周病がより重症化しやすい」と覚えておきましょう。
 
 
【歯周病治療による糖尿病への影響。歯周病治療で血糖値が下がる。】
近年、歯周病の治療をすると血糖コントロールが改善するという研究成果も数多く報告されています。
また、検査の指標となるHbA1Cも改善がみられる、と報告されています。
これは、歯周病治療によって先程説明したTNF-αの産生量が低下するため、インスリン抵抗性が改善し血糖コントロールやHbA1Cが改善するというわけです。
 
患者さんご自身のブラッシングによってしっかりと細菌コントロールを行い、歯科医院で炎症の原因となっている歯石取り除いたり、セルフケアが行き届かないところのケアすることが一番の歯周病治療です。
それにより歯ぐきの炎症をコントロールできれば、インスリン抵抗性が改善し、血糖コントロールも改善するというわけです。
 
 
歯周病は生活習慣病であるので、継続して管理することが大切ですので是非かかりつけ歯科医院を作りましょう。
自分だけでは、自己流の間違ったブラッシングになってしまったり、磨けているつもりでも行き届かないところが非常に多いです。
年に1、2回のチェックとクリーニングを行うことが、歯周病と糖尿病の管理という観点からだけでなく、将来の快適な生活にも繋がるでしょう。
当院では歯周病の管理・メインテナンスや将来を見据えた治療に力を入れていますので、ぜひお気軽に受診や相談をして下さい。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田