スタッフブログ

     
2019/05/27

[歯の治療に関すること]

PMTCの重要性 「実習で基本を身に着ける。ここから始めるPMTCセミナー」にスタッフが参加してきました!

こんにちは。
先日、スタッフの衛生士がセミナーに参加してきました。
今年度で衛生士となって6年目のようですが、改めて初心に戻って基本的な部分の知識の整理とテクニックの確認をしたいとのことで手技付きのセミナーに応募しました。
タイトル通りPMTCという処置のセミナーです。
これは専門用語のため、皆さんは聞き覚えがないと思いますが、定期検診やメインテナンスにいらしている患者さんは必ずこの処置をうけています。
まずはこのPMTCについて説明していきましょう。
 
PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaning の略で、器具とフッ素入りペースト等を用いた専門家による歯周病や虫歯の予防管理を目的とした歯のお掃除のことを言います。
歯の表面には汚れ(プラーク)が付きますが、バイオフィルムと言って細菌の集合体となるとネバツキやヌルツキが強くなりブラッシングだけで除去するには限界がきてしまうこともあります。
その際にこのPMTCが有効です。
7,000~10,000回転する電動歯ブラシのような機械を使って、歯の表面にこびりついている汚れを落とします。これによりバイオフィルムを剥がすことができます。
 
バイオフィルムが剥がれると歯の表面はツルツルになり、新たな汚れや細菌が付きにくい状態になります。
定期的に行うことで、日々同じようにブラッシングをしていても汚れ(プラーク)の付き方が格段と減りますので虫歯や歯周病予防にとても効果的です。
PMTC後にフッ素塗布を行うと更に虫歯予防になります。
 
このフッ素塗布ですが、歯科医院では9,000ppmという高濃度のフッ素を塗ることができます。
通常の歯磨き粉では低濃度のフッ素でしかブラッシングできません。
定期的にPMTCと共に高濃度のフッ素を取り入れることで、歯の強化に繋がり効果的な虫歯予防となるわけです。
 
以上のようにPMTCを簡潔的に説明すると、専門的な器具を使って汚れの塊であるバイオフィルムを剥がし取り、表面を滑沢にすることにより汚れの付着を抑え、細菌の繁殖を抑制する処置であると言えます。
 
定期的に継続してPMTCを受け、健康なお口をキープしましょう。
歯科医院でのプロフェッショナルケアだけでなく日々のブラッシングも勿論大切なので怠らないようにしましょう。
 
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田