スタッフブログ

     
2019/03/25

[日々の徒然なるままに]

スマートフォンで歯周病発見!?

こんにちは。
今回もまた面白いニュースを目にしたので記事にしたいと思います。
スマートフォンで歯周病を判定することができる人工知能(AI)の開発がすすんでいるという記事でした。
(東北大学とドコモの共同研究で今年の4月1日よりすすめていく)
私も初耳であったのでとても興味深い事柄でしたが、皆様も気になる方も多いと思います。
詳しい内容についてみていきましょう。
 
専用アプリの指示通りにスマートフォンのカメラで歯ぐきを撮影すると、歯ぐきの色や形から人工知能(AI)が歯周病になるリスクを自動に判定してくれます。
とても簡便で早いため、より歯周病を身近に感じ、重症化予防につなげたい考えのようです。
また歯周病と同様に、顎関節症の解析もする機能があるとのこと。
こちらは利用者が自らの顔を撮影し,あごの開閉口の運動を記録することで,AIによるリスク解析を行うようです。
また口腔がんへの利用も目指しているとのこと。
便利な世の中になってきていますが、医療分野も様々な変化が出てきています。
 
 
たしかに、当院でも定期的に歯周病のケア、メインテナンスの重要性を理解して来院している方は多くいますが
まだまだ認知や理解が及んでいないと思います。
ある調査では、40歳~70歳を対象とした歯周病検診の受診率は全国で4.3%と推定されているとのことです。
これではかなりの方の歯周病が放置されてしまっている現状です。
実際に歯周病が重症化してから当院にいらっしゃる方も少なくありません。
早期発見、早期治療が理想です。
 
数十年前に比べると、歯周病や虫歯に対しての社会の理解はすすんでいるものの、
スマートフォンのアプリとして、手軽に素早くチェックできることから、
よりチェックの重要性を身近に感じるようになってほしいなと思います。
ただこれでチェックしているから大丈夫だと過信するのも良くないと思います。
あくまできっかけとして利用してもらえると良いのではないでしょうか。
実用化されるのが楽しみですので、研究がうまく進むことを願っています。
 
 
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田