スタッフブログ

     
2019/02/14

[歯の治療に関すること]

食事後の歯磨きは30分待って行う!?

こんにちは。
時々、「歯磨きは食事後30分待ってから行った方が良い。」ということを耳にすることがあります。
実際に患者さんから耳にしたこともあります。
この記事を見てる方の中にも、「食事をしたらすぐ歯磨きをしなさい」と言われたこともあるしどっちがいいの?
と疑問に思っている方がいるかもしません。
 
以前の記事でも書いた通り、食事後、お口の中は酸性に傾きます。酸によって歯は溶けいずれ虫歯となってしまいます。
唾液の緩衝作用によって酸性が中性に傾くまで20~40分かかります。
つまりこの食後30分は歯を磨かないというのはお口の中が中性に傾いてから歯を磨いた方が良い。中性になる前の酸性の状態で
歯を磨くと歯が溶けやすい状態なので傷つけてしまう、溶けを加速させてしまう、という意見のようです。
 
しかしこれは酸蝕症という病態の時に限り、通常の食事程度では問題となりえない、のです。
 
酸蝕症の一つの原因として強い酸性の食べ物、飲料などの大量の摂取が挙げられます。(酸蝕症には様々な原因があります)
こういった物を口にした際には強く歯の表面が侵される可能性があるので、唾液の作用によって中性になってから歯磨きをするという考え方があります。
 
その考えの一部が強調された状態で新聞やテレビで伝えられたため、誤解を招いてしまっているのです。
本来は酸蝕症になる恐れがある場合に限るのです。
 
通常の食事程度では問題とならないため、むしろ早めに歯磨きをして歯垢(細菌の塊)を取り除いて、細菌が出す酸の量を減らすことの方が重要です。
ですので30分待たずにすぐに歯磨きをしましょう。
 
現代社会ではインターネットも発達して便利な情報社会になったと思いますが、
こういった一部の情報が抜粋されると誤解されて誤った情報として流れてしまいます。
今回のことに限ったことではないですが情報が多くなると、意図的でなくてもこういったことが起こりえます。
信頼できる情報を信用するべきなんだなと改めて感じる今日この頃です。
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田