スタッフブログ

     
2019/12/24

[日々の徒然なるままに]

ロキソニン インフルエンザ

今日はロキソニンとインフルエンザの関係について説明していきたいと思います。
 
ロキソニンは皆さんもご存知の方が多いと思いますが、いわゆる痛み止めです。
消炎鎮痛剤といって炎症を引かす効果もあり、解熱効果もあります。
頭痛持ちの方はよく服用されているでしょうし、歯科医院でも痛み止めとして一番処方するお薬です。
虫歯や歯周病や根の治療など歯科治療関係の痛みに関して、痛みが強烈でない限りは大抵よく効いてくれます。
最近では、ドラッグストアなどでもほぼすべての店舗で販売しているほどの大変有名で普及している薬と言えます。
 
しかしインフルエンザの方が解熱目的に服用するのは危険です。
インフルエンザ脳症やReye症候群の発症リスクが高まってしまうためです。
これは特に小児に関してのことですが、大人でも安心はできません。
安心なのはアセトアミノフェン製剤のカロナールのみとなっています。
特にこの時期は、風邪っぽいからと言って安易に自己判断でロキソニンを服用しない方が良いでしょう。
インフルエンザであった場合はインフルエンザ脳症やReye症候群のリスクが高くなってしまいます。
 
インフルエンザ脳症では、けいれん、意識障害、異常行動、頭痛といった神経症状が急激に進行します。そして、最悪死に至ることもあります。
Reye症候群とは、インフルエンザや水痘などの感染後、急性脳症、肝臓の脂肪浸潤を引き起こす稀な疾患です。
重度の嘔吐、脱力感や精神症状(混乱等)、麻痺が症状として現れます。
 
以上のように、ロキソニンは内科や歯科医院でもよく処方され、ドラッグストアでも簡単に手に入るため自宅に薬がある方が多いです。
インフルエンザと知らずに服用してインフルエンザ脳症やReye症候群を合併すると大変ですので、疑われる場合はアセトアミノフェン製剤のカロナールにしましょう。
 
またある一部のデータでは、インフルエンザにかかっていても簡易検査で陽性とでる確率が、発症からの時間で異なるとのことです。
インフルエンザの患者さんで検査が陽性となる確率が、発症12時間以内で35%、12-24時間で66%、24-48時間で92%とのこと。
発症(高熱が出た時点)から12時間以内は、検査をしても陽性にならない可能性が高いということを考慮しておく必要がありそうです。
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田