スタッフブログ

     
2019/10/18

[日々の徒然なるままに]

ラグビー日本代表 オーバートレーニング症候群

こんにちは。
現在、日本で開催されているラグビーワールドカップ。
日本は4戦全勝で予選を通過し、初の8強へと進みました。
これまでの練習の成果だと思います。
 
ところでオーバートレーニング症候群という言葉を聞いたことはありますでしょうか。
スポーツ選手は練習をたくさんすればいいわけではありません。
練習のし過ぎで、成績不振や心身の不調をきたすことがあるのです。
サッカー選手でも元日本代表選手が発症を公表したことを覚えています。
ラグビー選手にももちろん発症する可能性があるでしょう。
 
疲れが十分抜けないまま練習を重ねると、かえって成績不振に陥ってしまってあせって更に練習をするという悪循環に陥ってしまう場合もあります。
このオーバートレーニング症候群の症状を以下に記します。
・競技力の低下、集中力の低下
・疲れだるさ
・めまい、たいちくらみ
・頭痛、発熱
・抑うつ状態
・情緒不安定
・不眠
 
精神症状がある場合、睡眠薬や抗うつ薬を処方することもあるとのことです。
またこういった自律神経が乱れている方の中には、非定型歯痛といって痛みの原因がはっきりしない歯の痛みが出ることもあります。
また免疫力が低下するので、歯ぐきが腫れやすくなってしまうことも考えられるでしょう。
スポーツ選手のメンタルケアはよく大事といいますが、こういったオーバートレーニングが原因で様々な身体的、精神的な症状が出ることがあるのです。
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田