スタッフブログ

     
2019/07/20

[日々の徒然なるままに]

森林浴の健康効果

こんにちは。
今週も今日が最後の診療日となり無事終了致しました。
日々診療やそれ以外の仕事もあり疲労が蓄積しているのを実感することもあります。
体と心をリフレッシュして、良い診療をすることも大事なことです。
皆さんも日々のリフレッシュはできていますでしょうか?
 
今回は、森林浴が心と体の健康にもたらすメリットについてみていきましょう。
自然の空気を吸ったほうが良い、自然に触れたほうが良いとはよく言うと思いますが、特に森林浴については過去数年で多くの関心を集めてきているようです。
ある研究によると、自然に触れる時間を120分以上確保することが良いという結果が出たとのこと。
2万人近くから集めたデータを分析し、都市の緑化スペースや森林、浜辺など自然の中で過ごすと答えた時間を回答者の心と体の健康と相関させたとのこと。
その結果、自然の中で過ごす時間が119分以下である場合はあまり大きな変化は起きないようだったが、週に少なくとも120分以上を自然の中で過ごしていた人は自分が健康で幸福だと答える確率が高かったとのこと。
これ以上の時間を自然の中で過ごすことも同様に良い効果をもたらしていたため、週に2時間という数字が最適値というわけではないが、これは明確な効果をもたらす最小値として研究者らが示したとのこと。
 
また興味深いことに、自然の中で過ごす時間を何度かに分けて過ごしても、効果は累積するとのこと。
自然の中で週に120分を過ごすことの健康効果は、推奨される身体活動レベルを達成することと同程度だと研究の著者らは見積もっています。
森林浴に関する研究により、たとえ動かなかったとしても自然の中にいることにはそれ自体メリットがあるようだということが今回の研究で分かったようです。
 
実際のところ森林浴にはどんな健康効果があるのでしょうか。
皆さんもリラックス、癒し、マイナスイオンなど、ストレスを和らげたりリラックスできるイメージがあると思います。
爽やかな空気の中で深呼吸してみると、都会には無いような自然ならではの香りがあります。
こういった森林浴効果は、なんとなく体と心に良いと思われていると思いますが、科学的に証明されるようになってきたというわけです。
以下のような効果があると言われています。
・「緊張」「うつ」「怒り」「疲労」「混乱」などのストレス状態の改善、ストレスホルモンの減少
・「活気」「活力」などの意欲、エネルギーの回復
・「身体の痛み」等の自覚症状の改善
・「全体的健康」「心の健康」等の気分の改善
・「最高血圧」「最低血圧」の低下、脈拍の減少等の自律神経系の改善
・副交感神経活動が活発化
・交感神経活動抑制が活発化
・リハビリテーション効果
・病気に対する免疫力UP
 
その他、コレステロール値、2型糖尿病のリスク、全死因死亡率、心臓病による死亡率の減少と関連していることもわかっています。
 
また木が排出する分子にフィトンチッドというものがあります。
これは「森林の香り」、「木の香り」です。
森林の樹木が作り出して放出しているこの物質は「テルペン類」とよばれる有機化合物で構成されています。
フィトンチッドは体をリフレッシュするだけではなく抗菌、防虫、消臭や、免疫組織の中で細胞活動を引き起こすことが示唆されています。
このような様々な効果で、私たちの生活を健康的で豊かなものにすることがわかっています。
 
現代化ストレス社会とも言われ、心身の健康の悪化が社会的原因になることもあります。
今回のような研究はこうした問題の予防と行動の変化を後押ししてくれると言っていいでしょう。
まずは週に2時間ほどを確保するよう目指してみましょう。
私も明日は休みなのでリフレッシュして来週に備えたいと思います。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田