スタッフブログ

     
2019/05/25

[日々の徒然なるままに]

熱中症

こんにちは。
今日は横浜でも30度を超えました。かなり暑くなってきましたね。
暑い日に注意しなければならないのがやはり熱中症です。一歩間違えば命を落とすことにも繋がることは皆さんもご存知だと思います。
熱中症にならないように、予防が一番大切です。
こまめに水分と塩分を補給し、無理をしない、休憩するすることが大切です。
直射日光を避けるために帽子を着用することも効果があります。
急に気温が高くなる際は、体が暑さになれていないので注意が必要です。今の時期はまさに気温が急に上がってきましたので、注意が必要です。
 
熱中症予防運動指針では、気温(乾球温度)が28度以上は「警戒」となっていて、休息をとるべきとされています。
31度以上は「厳重警戒」となり、激しい運動は中止することが推奨されています。
35度以上になった場合は、運動は原則中止となっています。
 
同じ温度でも湿度が高いとより熱中症になりやすいと言われています。
そこで、乾球温度よりも推奨されている基準が湿度などを考慮した「WBGT」(Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)というものです。
暑さ指数とも呼ばれているようです。
WBGTでは31度以上になると原則として運動は中止することとなっています。
 
WBGTの計測器は市販されているようですので購入するとより安全に対策ができると思います。また最近ではその日のWBGTをメールで知らせてくれるサービスもあるようです。
 
熱中症には、程度によって症状の現れ方が異なります。
めまいや立ちくらみを起こすと熱失神という状態になります。下腿や腹部がけいれんを起こした状態は、熱けいれんと言います。
脱水が進み頭痛や脱力感、吐き気がみられる熱疲労。そして体温が40度を超え意識障害がみられる熱射病があります。
 
予防をしっかりしていても、上記のような症状が出た際はしっかりと対応できることが大切です。
熱失神や熱けいれんの場合、涼しいところで休み、水分と塩分を補給することで多くのケースは改善します。
熱けいれんが改善しない時や、熱疲労で嘔吐などのため水分や塩分の補給が困難の場合は、医療機関での点滴などが必要になります。
熱射病の場合は生命の危険があるため、急いで体を冷やし、救急車を呼びましょう。
体を冷やすのに最も有効なのは氷水に浸かることですが、外出時の場合はこのような対応ができません。
ホースで水をかけ続けたり、扇風機などで強い風を当てることが推奨されています。
 
熱中症は外で太陽を浴びている時だけになるものと思われている方も多いかもしれませんが、室内でも発症します。特に子どもや高齢者は要注意です。
室内で湿度が高くなるときは特に注意が必要です。
 
今年の夏もかなり暑くなることが予想されますので、今のうちに予防法と対応法の整理をしておきましょう。
 
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田