スタッフブログ

     
2019/03/19

[日々の徒然なるままに]

コカイン 麻薬 麻酔薬?コカ・コーラ?

こんにちは。
先日、大物芸能人がコカイン使用の疑いで逮捕されたニュースがありました。
大きく報道されていたのでご存知の方も多いと思います。
そしてコカインと聞くと違法薬物という認識はある方が多いと思います。
日本では、麻薬及び向精神薬取締法で規制対象になっている麻薬です。
実はこのコカイン、最初に使われた局所麻酔薬であると言われています。
(局所麻酔とは手術等を行う部分の体の一部を麻酔薬を使って痛みをとるものです。いわゆる歯医者さんでの歯ぐきへの麻酔が一例です。)
昨日の記事にもした歯科医師国家試験。その勉強の際にもこのコカインに関しては、最初に使用された局所麻酔薬として学習します。
 
また後述しますが清涼飲料水のコカ・コーラの名称の由来は、コカの葉(コカインの原料)とコーラの実を原材料に使っていたことによるとのことで、
びっくりされる方も多いかもしれません。1903年以降コカ・コーラはコカインの使用を中止し、代わりにカフェインが用いられるようになりました。
 
毒物は濃度が変われば薬にもなります。逆に薬は濃度が変われば毒にもなります。
先住民たちは知恵を絞り、コカの葉を嚼んで麻酔効果を期待していたとのことです。
コカインの性質が充分に理解されていなかった頃には、依存性がないと考えられたために、眼科医が目の手術に応用したり、歯科分野や外科手術などに普及していたようです。
 
 
コカインによる依存症は極めて強い部類に含まれるようで、依存症から脱却するのはとても大変であると聞きます。
一人でも多くの方が克服できること、また依存症になってしまう人が一人でも減ることを願ってやみません。
 
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田