スタッフブログ

     
2019/02/19

[日々の徒然なるままに]

サメの歯は永久に生え変わる

こんにちは。
昨日、横浜シーパラダイスで飼育していたジンベイザメが死亡したとのニュースを目にしました。
実際に私は見に行ったことはありませんが、今回はサメの歯についてお話したいと思います。
 
聞いたことがある方もいるかもしれんませんが、サメの歯は永久に生え変わることができるのです。
初めて聞く方はびっくりされる方もいるかもしれません。
では、サメの歯は、どういった仕組みで生え変わっているのでしょうか。
人の歯の根の部分は歯槽骨という骨に覆われていますが、サメの歯は歯槽骨に覆われておらず骨の表面に乗っているだけです。
骨の表面にある歯ぐきによって支えられているだけなのです。
そのため脆くなってくると抜け落ちていき、後ろの歯がそこに上がってくる仕組みです。
生えている歯の後方には階段のように約5列の新しい歯が準備されている形となります。
一部のサメでは、一生のうちに交換されて使用される歯の本数が62,400本にもなるそうです。
 
サメの種類のよって補食の仕方が違うので様々な形態の歯があります。
生え変わりや、歯の形態も生きていく中で進化して獲得したものと言われています。
人は永久歯が生えてダメになってしまっても新しく生えてくることはありませんので、羨ましく思う方もいるかもしれません。
私たちは自分の歯をしっかり守っていく知恵を持っているはずですので、健康な状態を維持できるようにしていきたいですね。
 
 
 
横浜駅徒歩7分
横浜相鉄ビル歯科医院 吉田