スタッフブログ

     
2019/12/14

[学会・セミナー報告]

インプラントに適する口腔内スキャナーとは

木曜日は診療後にまた口腔内スキャナーのセミナーに参加してきました。
講演した先生は、現在販売されているスキャナーをすべて使用したことがあり、その感想や見解ということだったのでとても貴重な話を聞けました。
以前も何度か登場している機種名もありますが、今回、CEREC Omnicam、Primescan、TRIOS、CS3600、iTero、Coexi500等の機種の具体的な話もありました。
それぞれ特徴があり、それぞれに適したケースがあります。
 
今後はインプラントでも口腔内スキャナーを用いた治療がすすんでいくでしょう。
そういった場合はスキャンスピードの速さや、広範囲のスキャン精度が高いこと、焦点深度が深いことが必要で有利です。
 
またインプラントだけでなく通常歯のセラミック等にも焦点深度は大切であると思います。
機種によって焦点深度が異なり、特にどの機種が優れているか理解できました。
今後数年後にはかなり普及していくと思われます。
そのため製品もどんどん新しい物がでてきて、精度や便利さも向上していくでしょう。
新しい技術や製品の話を聞くのは大変楽しいものです。
終了したのは夜の9時30分近かったですがアッという間にすぎた、というのが感想です。
今後も様々な知識を取り入れていきたいと思います。
 
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田