BLOG 新着情報

カテゴリー:

ブログ歯のコラム

銀歯が気になる方におすすめのメタルフリー治療について

保険の歯科治療では、昔から一般的な素材として銀歯(金銀パラジウム合金)が使われてきました。

「歯の中に銀歯がある」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、銀歯には見た目の悪さや再虫歯になりやすい点など、さまざまなリスクがあることが分かっています。

そこで当院では、銀歯などの金属をいっさい使わない「メタルフリー治療」を行っています。

今回は、金属が及ぼす影響やメタルフリー治療について詳しく解説していきます。

 

■メタルフリー治療とは

 

銀歯などの金属をいっさい使わない治療

メタルフリー治療とは、銀歯などの歯科用金属をいっさい使わずに歯を補う治療です。

メタルフリー治療では、非金属のセラミックやコンポジットレジン(セラミックにプラスチック樹脂のレジンをミックスした素材)を使って詰め物や被せ物の治療を行います。

メタルフリー治療は白色の素材を使うため、白い歯を再現できます。金属アレルギーを起こす心配もありません。

セラミックは自費診療となりますが、美しさと機能性に優れている点が特徴です。

セラミックを使うことは、長期的なお口の健康維持にもつながります。

 

メタルフリー治療はこんな方におすすめ

・銀歯がぎらぎら光って見た目が悪く困っている

・銀歯の詰め物や被せ物の下に再度、虫歯ができてしまった

・銀歯の被せ物や銀歯の差し歯をした箇所の歯ぐきが黒ずんでしまった(メタルタトゥー)

・銀歯の詰め物や被せ物をした歯が黒ずんでしまった

・金属アレルギーの症状がある、または金属アレルギーのおそれがある

 

■お口の中の金属がおよぼす影響

銀歯には以下のような「体への悪影響」をおよぼすおそれがあるほか、「見た目のデメリット」もあります。

 

金属アレルギーの原因になる(手足の湿疹や頭痛、肩こり、下痢など)

銀歯の詰め物や被せ物を使い続けていると、金属イオンが唾液に溶け出してきます。

溶け出した金属イオンは体内に入り込み、金属アレルギーなどの症状をひきおこすことがあります。

手足の湿疹や頭痛、肩こり、下痢など、原因不明の症状が続いている方は銀歯が原因の可能性があります。

 

再虫歯(二次カリエス)にかかりやすくなる

銀歯は天然の歯との密着性が低く、詰め物や被せ物と歯のあいだにすき間ができやすいです。

銀歯の詰め物や被せ物と歯のあいだにすき間ができると虫歯菌が入り込んでしまい、治療をした箇所が再度、虫歯になることがあります。

これを「二次カリエス」と呼びます。また、銀歯は歯垢や食べカスがつきやすい素材のため、不衛生になりやすい点もデメリットです。

 

歯ぐきが黒ずむ(メタルタトゥー)・歯が黒ずむ

銀歯の被せ物や銀歯の差し歯から溶け出した金属イオンにより、歯ぐきが黒ずむことがあります。

これをメタルタトゥーと呼びます。歯ぐきが黒ずむことで口元の印象が悪くなりますが、レーザーによる除去が可能です。

また歯ぐきだけではなく、銀歯の詰め物や被せ物が原因で歯が黒ずむこともあります。

 

見た目が良くない

銀歯はぎらぎら光って見え、見た目が良くありません。

見た目を気にするあまり、口を開けて笑えなくなるなど、銀歯が原因でコンプレックスを抱えてしまうこともあります。

 

■セラミックによるメタルフリー治療

 

美しさ・機能性に優れているセラミック素材

メタルフリー治療で使用するセラミックは、すべてが陶器でできた歯科用素材です。

見た目が美しく、自然な白さの歯を再現できます。歯との密着性も高く、虫歯になりにくい点もメリットです。

 

セラミック素材の特徴

 

○体に優しい

セラミックは生体親和性が高いため、体にやさしく、なじみやすいです。

○自然な白さの美しい歯を再現できる

セラミックは保険診療で使うレジン(プラスチック樹脂)のような不自然さがありません。天然の歯に近い、自然な白さの美しい歯を再現できます。

○再虫歯(二次カリエス)を起こしにくい

セラミックは天然の歯との密着性が高いです。詰め物や被せ物が歯とすき間なく密着するため、再虫歯になるリスクを下げられます。

○着色・変色しにくい 臭いがつきにくい

セラミックは陶器でできているため表面がつるつるしており、汚れや臭いがつきにくいです(陶器のお茶碗をイメージしていただけるとわかりやすいかと思います)。

変色にも強く、年月が経ってもほとんど変色を起こしません。

○欠けや割れに強い

以前は欠けや割れを起こすこともあったセラミックですが、近年は技術が進化し、欠けや割れに強いセラミックが登場しています。

中でも、人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアセラミックは金属と同程度の強度があり、欠けたり割れたりする心配がほぼありません。

○歯ぐきが黒ずまない

セラミックは非金属のため、歯ぐきが黒ずみません。

○金属アレルギーを起こさない

セラミックは非金属のため、金属アレルギーを起こす心配がありません。

 

セラミック(自費診療)とコンポジットレジン(保険診療)の違い

 

メタルフリー治療では、自費診療のセラミックもしくは保険診療のコンポジットレジンを使って詰め物や被せ物を作ります。

コンポジットレジンとは、セラミックを約80%、レジンを約20%の割合でミックスした素材です。これら2つの素材には以下のような違いがあります。

 

○セラミック

・体への優しさ:体に優しくなじみやすい

・美しさ:自然な白さの歯を再現できる

・再虫歯のなりにくさ:再虫歯になりにくい

・着色・変色のしにくさ、臭いのつきやすさ:着色・変色しにくい、臭いがつきにくい

・欠けや割れに対する強さ:素材によってではあるが、欠けや割れが起きにくい

・適応範囲:前歯~かみ合わせが強い奥歯の大きな虫歯にも適応可能

・保険適用:できない

 

○コンポジットレジン

・体への優しさ:銀歯と比べると体に優しい

・美しさ:治療をした箇所が浮いているような不自然な見た目になる

・再虫歯のなりにくさ:再虫歯になりやすい

・着色・変色のしにくさ、臭いのつきやすさ:着色・変色しやすい、臭いがつきやすい

・欠けや割れに対する強さ:摩耗しやすく、経年劣化により欠けたり割れたりすることがある

・適応範囲:前歯や奥歯の小さな虫歯にのみ適応可能

・保険適用:できる

美しさ・機能性を求める場合は、自費診療となりますがセラミックがおすすめです。

保険診療でメタルフリー治療を行う場合はコンポジットレジンとなります。

 

■まとめ

 

メタルフリー治療では美しさ・機能性に優れたセラミックを用いることで、詰め物や被せ物を長く使うことができ、歯の寿命の延伸につながります。

もちろん、無理にセラミックをおすすめすることはありません。

当院のメタルフリー治療では、どの素材が患者様に適しているかを歯科医師が綿密に判断し、治療を進めていきます。

保険診療をご希望の場合はコンポジットレジンによる治療を行います。

「銀歯の見た目」や「銀歯で治した箇所の再虫歯」でお困りの方は、当院までお気軽にご相談ください。

ページトップへ