スタッフブログ

     
2019/10/05

[日々の徒然なるままに]

食欲の秋 咀嚼筋 表情筋

こんにちは。
まだまだ残暑が続き暑い日が多いですが、もう季節は秋になってきます。
秋と言えば読書の秋、食欲の秋なんて言いますよね。なぜ秋に食欲が増すのかはわかっていないようですが諸説あるようです。
暑い夏に衰えた食欲が涼しくなって増すのではと考えられたり、夏に比べて基礎代謝が上がるためではないかというのはよく指摘されることです。
また秋は美味しい食材が多くなるといったことも関係あるかもしれません。 
しかし食欲が増すと心配なのが体重増加です。
 
満腹感を得るためには、ひと口ひと口しっかり噛みましょうと聞いたことがある方も多いと思います。
食事を摂って血中グルコース濃度が上がると満腹感を覚えて食欲を抑える満腹中枢が働きます。
早食いの人は満腹中枢が刺激される前に食べ終えてしまうから大食いになりがちです。
大切なのはゆっくり食べることです。
ゆっくり食べるには、ひと口を30回ぐらいは噛む習慣をつけることです。このしっかりと噛むことは歯や顎関節、顎の成長にもとても大切です。
現代人はファーストフードなどの普及で咀嚼回数が少なく、顎の成長が不十分であると指摘されることもあります。
また、しっかりと噛むことで口の周囲の筋肉も鍛えられ、表情が明るくなるだけでなく、嚥下運動にも影響してきます。
これからの季節、美味しい物を食べる機会が多くなってくると思いますが、いいきっかけだと思ってしっかりと噛んで食事することを意識していきましょう。
 
横浜駅でのむし歯、歯周病治療なら横浜相鉄ビル歯科医院
横浜駅徒歩7分 横浜相鉄ビル歯科医院 吉田